ラクスル株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:松本恭攝 以下、ラクスル)と株式会社クレオネットワークス(本社:東京都港区 代表取締役社長:宮島利光 以下、クレオネットワークス)は、ラクスルが運営する印刷通販サイト「ラクスル(http://raksul.com/)」に、クレオネットワークスの自動組版・版下生成Web to Printサービス「W2Pクラウド」を導入したことを発表いたします。

ラクスルは自社の印刷設備を持たず、全国の印刷会社と提携し、インターネット上での印刷希望者の要望にあった印刷会社に発注するという「印刷代理店」です。サイトユーザー(印刷希望者)は“低価格”、“短納期”、“高品質”の印刷物を注文することができ、印刷会社側はインターネット上での新規顧客を得ることで、効率的な受注を実現することができています。

クレオネットワークスの「W2Pクラウド」は、自動組版システムを搭載し、完全入稿データを生成するWeb to Printを実現するサービスです。ブラウザ上で簡単にハガキ・チラシ・スタンプ・ノベルティグッズなどの多くの印刷商材を思いのままにレイアウトデザインが可能で、専門のDTPソフトを使えない印刷注文希望者にも入稿データが作ることができます。そして、印刷通販を始めとする多くの印刷会社にクラウド形式で提供し、お客様の売上拡大・コスト削減・顧客満足度の向上に貢献しています。

ラクスルが今回「W2Pクラウド」の導入に至った経緯は、印刷注文希望者にとって面倒でハードルの高い完全データ入稿だけではなく、文字入れや簡単なデザインができるサービスを提供し、ターゲットユーザーの幅を広げたいと思案した結果です。数多くあるWeb To Printサービスの中でも「W2Pクラウド」を選択した理由は、縦書き文字組対応などの組版性能の高さ、導入時のシステム開発工数の低さ、といった「クラウド型の高機能システム」ということです。

現在、「ラクスル」内のクイックデザイン(名刺・年賀状)で「W2Pクラウド」を使い、DTPソフトを使用できない印刷注文希望者にも簡単にレイアウトデザインが行え、無料にて多くのテンプレートを使用できるサービスを展開しています。また、今後も他の印刷商材にも展開を予定しています。

(クイックデザインに「W2Pクラウド」を導入)

「W2Pクラウド」はバリアブル印刷にも対応しており、印刷注文希望者がハガキや名刺のテンプレート上にアップロードしたCSVデータの可変項目を指定すると、自動で可変データが差し込み生成されます。QRコードやバーコードの出力も可能で、DMの宛名をはじめ、店舗名や価格表などの様々なオブジェクトに対応しています。(クイックデザインには未搭載)

■ラクスル
http://raksul.com/

■W2Pクラウド
http://w2p.rakud.com/

【ラクスル株式会社:概要】 会社名:ラクスル株式会社 代表者:代表取締役 松本恭攝 所在地:東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門5森ビル 3階 URL  :http://raksul.com/ 設立 :2009年9月 資本金:2億5000万円(資本準備金含む) 【株式会社クレオネットワークス:概要】 会社名:株式会社クレオネットワークス 代表者:代表取締役 宮島利光 所在地:東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川 URL  :http://www.2media.jp 設立 :2009年4月 資本金:1億円
<「ラクスル」に関するお問い合わせ先> <「W2Pクラウド」に関するお問い合わせ先>

ラクスル株式会社
担当:淵野(ふちの)、利根川(とねがわ)
TEL:03-3539-5521

株式会社クレオネットワークス
担当:元宮(もとみや)、平間(ひらま)、森(もり) TEL:03-5769-3632
※詳細はPDF資料をご覧ください。
  • 記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の商標、又は登録商標です。